2004年11月25日

錦秋の早朝

●川で夜明けを待った。たった一日の休暇だもの、少しでも流れの辺に身を置きたい。
そして、ぞんぶんに竿を振りたい。加齢とともに、年々、夜討ち朝駆け的釣行が苦になっている。にも関わらず、それを克服できるのは何故か。
理由は、このビッグファイター「ジャパニーズ・カープ」。釣れなくてもいいなんて、いわない。喰い渋っていた奴をしつこく狙い続けて、やっと一匹。朝靄も晴れて、れんが色やえんじに染まっている樹木が一層鮮明になった。

報告:毛鉤丸(飯能市在住)
posted by furainozasshi at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コイの雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184674446

この記事へのトラックバック